加入要件について(初診日が昭和61年4月以降)

加入要件とは、簡単にご説明すると初診日に年金制度に加入していたかどうかということです。
厳密にいえば加入していなくても支給される障害年金がありますが、その障害年金については、

初診日が20歳未満または60歳から65歳までの人

初診日が平成3年3月以前で、当時、20歳以上の学生で、国民年金に任意加入していなかった人

をご確認ください。

初診日に加入していた年金制度から、障害年金が支給されます。具体的には、

・初診日に国民年金に加入していた場合は「障害基礎年金」

・初診日に厚生年金に加入していた場合は「障害基礎年金」と「障害厚生年金」

・初診日に共済年金に加入していた場合は「障害基礎年金」と「障害共済年金」

といったように支給されます。ただし、障害等級等によって障害厚生(共済)年金だけという場合もあります。

 

 

▲このページのトップに戻る