障害状態要件について

障害状態要件とは、障害基礎年金(国民年金)の場合、障害認定日に障害等級1級または2級に該当する程度の障害の状態にあることいい、障害厚生年金・障害共済年金の場合は、障害認定日に障害等級1級、2級または3級に該当する程度の障害の状態にあることをいいます。

障害認定日とは、初診日から1年6か月経過した日のことです。しかし、次の場合1年6か月前でも障害認定日とされます。

1.人工透析療法を開始して3か月を経過した日

2.人工頭骨または人工関節を挿入置換した日

3.人工肛門または新膀胱の造設、尿路変更術をしたときはその手術日

4.心臓ペースメーカーまたは人工弁を装着した日

5.肢体の障害の場合は、切断または離団した日。障害手当金では創面が治癒した日

6.咽頭全摘出した日

7.在宅酸素療法を開始した日

8.明らかに症状固定と認められる日

▲このページのトップに戻る