3つの障害年金受給要件

障害年金を受給するための3つの要件をご説明いたします。

1.加入要件

2.保険料納付要件

3.障害状態要件

といった3つの要件があります。
上の3つのうち1つでも満たしていないと障害年金は支給されません。

 

 

加入要件について(初診日が昭和61年4月以降)

加入要件とは、簡単にご説明すると初診日に年金制度に加入していたかどうかということです。
厳密にいえば加入していなくても支給される障害年金がありますが、その障害年金については、

初診日が20歳未満または60歳から65歳までの人

初診日が平成3年3月以前で、当時、20歳以上の学生で、国民年金に任意加入していなかった人

をご確認ください。

初診日に加入していた年金制度から、障害年金が支給されます。具体的には、

・初診日に国民年金に加入していた場合は「障害基礎年金」

・初診日に厚生年金に加入していた場合は「障害基礎年金」と「障害厚生年金」

・初診日に共済年金に加入していた場合は「障害基礎年金」と「障害共済年金」

といったように支給されます。ただし、障害等級等によって障害厚生(共済)年金だけという場合もあります。

 

 

保険料納付要件について(初診日が昭和61年以降)

保険料納付要件とは、保険料をしっかりと国に納めていたかどうかという要件です。

では、具体的に「いつの時点で保険料をしっかりと納めていたかを確認するか」、「しっかりと国に納めている」とはどういう意味かをご説明したいと思います。

国民年金、厚生年金と共済年金の保険料納付要件は異なります。

 

・国民年金、厚生年金の場合

「いつの時点で保険料をしっかりと納めていたかを確認するか」は初診日の前日です。そして「しっかりと納めているとは」下記のことをいいます。

初診日が平成3年5月1日以降の人

1.初診日の月の前々月までの加入すべき期間の3分の2以上が、保険料納付済期間と免除期間とを併せた期間であること(未納が3分の1以下)

2.初診日の月の前々月までの1年間に、保険料納付済期間または免除期間以外の加入期間がないこと(未納が無い)

ここで注意したいのが、初診日の前日で保険料をしっかり納めていたかどうかを確認するため、初診日以降にさかのぼって保険料を納付しても障害年金受給のための要件を満たさないということです。

 

・共済年金の場合

障害共済年金には、保険料納付要件はなく、初診日に共済年金に加入しているだけで構いません。ただし、障害等級1級や2級の場合は、障害共済年金と一緒に障害基礎年金(国民年金)が支給されますが、国民年金の保険料納付要件を満たしていない場合は、障害共済年金しか支給されず、障害基礎年金(国民年金)は支給されませんのでご注意ください。

 

障害状態要件について

障害状態要件とは、障害基礎年金(国民年金)の場合、障害認定日に障害等級1級または2級に該当する程度の障害の状態にあることいい、障害厚生年金・障害共済年金の場合は、障害認定日に障害等級1級、2級または3級に該当する程度の障害の状態にあることをいいます。

障害認定日とは、初診日から1年6か月経過した日のことです。しかし、次の場合1年6か月前でも障害認定日とされます。

1.人工透析療法を開始して3か月を経過した日

2.人工頭骨または人工関節を挿入置換した日

3.人工肛門または新膀胱の造設、尿路変更術をしたときはその手術日

4.心臓ペースメーカーまたは人工弁を装着した日

5.肢体の障害の場合は、切断または離団した日。障害手当金では創面が治癒した日

6.咽頭全摘出した日

7.在宅酸素療法を開始した日

8.明らかに症状固定と認められる日

▲このページのトップに戻る